施術後のお風呂と化粧

シャワー施術した当日は、アートメイクを行った部位は触らないようにして、洗顔もしないようにします。傷口となっているので、施術の次の日以降も、施した部分は刺激を与えず、ごしごし洗わないようにします。お風呂は、施術後3日目ぐらいまでは入らず、シャワーだけで済ます方が無難です。ただ着ずとなっているので、シャワーが染みることもあり、軟膏などを塗っておきましょう。この時期に、無理して傷口をこすると、雑菌が入り化膿する、炎症を起こすなど、トラブルの元になります。

施術後は、1週間程度保湿するようにして、スキンケアを心がけます。施術部位が乾燥しかさぶたとなると、色がまだらになり、綺麗に仕上がりません。クリニックによってはワセリンなどが処方されるので、それを塗って保湿しましょう。化粧やスキンケアは、施術部位以外は通常通り行って問題ありません。傷口が完全にふさがるまでは、マッサージなども避けた方が無難です。

化粧に関しては、施術部位以外はすぐに行うことができます。施術部位は、1週間程度は化粧しないようにします。やはり傷口なので、ファンデーションなどが入ってしまうと、色が変化することがあります。施術後1週間程度は、皮膚の傷をふさぎ落ち着かせるようにして、温泉や海水浴も控えるようにしましょう。